スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警部補を書類送検、懲戒免職=駐在所でわいせつの疑い―広島県警(時事通信)

 勤務する広島市内の駐在所で女性にわいせつ行為をしたとして、広島県警は20日、特別公務員暴行陵虐容疑で、広島西署地域課の男性警部補(57)を書類送検し、懲戒免職処分とした。
 県警監察官室によると、容疑を認め「大変皆さんにご迷惑をお掛けしました」と話しているという。
 書類送検容疑では、警部補は1月12日午後6時ごろ、駐在所で痴漢の被害申告をした20代の女性から事情を聴いた際、キスをしたり、下半身を触るなどした疑い。
 同室によると、女性はこの数日前に同署を訪れ、痴漢被害を申告。同署は現場検証などのため女性に駐在所に行くよう指示した。警部補は1月12日に女性と現場検証をした後、駐在所で約4時間にわたり事情を聴いた。痴漢被害の内容を聞いているうちに欲望を抑え切れなくなったという趣旨の話をしているという。
 2月16日に女性が県警本部に「警察官にキスをされた」と電話で相談。4月下旬に県警が警部補を調べたところ、容疑を認めたという。
 浜岡保行首席監察官の話 大変申し訳なく深くおわびする。身上把握・指導を強化し、職務倫理教養を充実し、非違事案の絶無を期したい。 

【関連ニュース】
わいせつマイクロSD初摘発=携帯向け、容疑で2人逮捕
求刑上回る初の判決=わいせつ致傷事件の裁判員裁判
痴漢容疑者取り逃がす=現行犯逮捕後、駅改札で
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ
警察官ミス、放置車両と誤認=スクラップ処理、所有者に賠償

「大学生読書人大賞」に森見登美彦さん「夜は短し歩けよ乙女」(産経新聞)
<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
口蹄疫 大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
<事業仕分け>宝くじ普及宣伝など28事業検討 後半2日目(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。